B型肝炎給付金は弁護士へ相談

B型肝炎の給付金を弁護士へ相談する際のポイントに相談料について

B型肝炎と給付金

2018年6月1日

未分類

B型肝炎と給付金 はコメントを受け付けていません。


大きな社会問題ともなり、知名度はかなりのものになったのがB型肝炎でしょう。感染者の血液や体液を介して感染する特徴を持っています。日本国内を見てみると、肝炎の中でも比較的多いといわれています。母子感染に関しては、対策が講じられるようになったことから、ほぼみられなくなりました。さまざまな経路が確認されていますが、性交渉やピアスをあけるためのピアッサーの使い回し、他にもタトゥーを入れた時などが感染源と考えられています。

お金B型肝炎に感染すると、まずは肝臓に炎症が起こります。これが倦怠感や食欲不振を招き、吐き気をもよおすなどの典型的な症状が現れます、ただし、自覚症状がないまま自然治癒してしまうといったケースもあり、これで抗体ができているという人もいるところも特徴です。安心できるものではなく、ごく稀に肝炎が劇症化して発症することもあり、死に至る場合もあります。感染が疑われるのであれば、速やかに検査したうえで、適切な治療を受けなければいけません。早期発見ができれば、完治できる可能性があるからです。

集団予防接種などが原因の場合、一定の要件を満たした時には、国から給付金が支給される場合があります。申請は簡単ではないため、経路として考えられる時には、まずは弁護士へ相談してみるといいでしょう。さまざまな書類の用意などもありますし、専門的な知識も必要となってくることから、自力では難しい部分を持っているからです。