B型肝炎給付金は弁護士へ相談

B型肝炎の給付金を弁護士へ相談する際のポイントに相談料について

給付までの流れ

2018年6月4日

未分類

給付までの流れ はコメントを受け付けていません。


集団予防接種B型肝炎に感染している人の中でも、満7歳になるまでに集団予防接種を受けたことが感染原因となっている場合、国から給付金の支給を受けることが可能です。時期は、昭和23年7月1から昭和63年1月27日の間であり、この間に集団予防接種を受けていることを証明できなければいけません。ただし、二次感染の場合もあり、母子感染や輸血などといった感染原因であっても、支給を受けられるようになっています。病状などによっても変わりますが、手続きをしていけば、かなり広い範囲で支給されるようになっている制度です。

問題点は、請求をする際に必要になってくる国家賠償請求訴訟にあるでしょう。支給申請だけではなく、国を相手に訴訟を起こさなければいけません。申請をするだけで受け取れるタイプのものとは異なることが、難易度を高めている要件になってしまっています。そのため、個人レベルでは、難しいところもあるでしょう。

病態を証明することが必要になってくるため、医療機関から必要な書類を集めて、証拠としていかなければいけません。資料と訴状を作成して裁判所に提出することになりますが、かなりのハードルと感じる人が多いはずです。その後和解調書を取り交わして社会保険診療報酬支払基金に提出して給付を受けるのがひとつの流れとなっています。