B型肝炎給付金は弁護士へ相談

B型肝炎の給付金を弁護士へ相談する際のポイントに相談料について

カテゴリー: 未分類


費用の心配

2018年6月10日

未分類

費用の心配 はコメントを受け付けていません。


B型肝炎の給付金を受け取るためには、国を相手にした訴訟が必要になってきます。書類の準備から始まり、訴状の作成をおこなっていく必要があるでしょう。裁判所での和解協議もしていくなど、専門的な知識がなければいけません。もちろん、ひとつずつやっていくこともできますが、スムーズには進まないのはだれでも理解できるところです。給付金の支給という点では、弁護士を活用してしまうことが早いでしょう。弁護士に相談して依頼することによって、サポートを受けるだけではなく、スムーズに支給までつなげていけるからです。

相談弁護士というと、費用が高額になると考えるのは当然でしょう。これが相談への障壁となってしまうことも予想できます。多くの弁護士事務所では、こうした問題も理解しており、初回の相談は無料といったかたちが増えました。訴訟の依頼をしたのちは、相談料はかからないことがほとんどですので、まずは自分が要件を満たしているか相談してみるのも方法でしょう。現状が判断できる資料を用意しておけば、スムーズに時間をかけずに相談も可能です

国としても手続きが煩雑になることから、弁護士費用の補助などもあります。支給された給付金から支払いもできるようになっているのがほとんどですので、経済的な負担をあまり考えずに、まずは相談してみるべきでしょう。

弁護士は強い味方

2018年6月7日

未分類

弁護士は強い味方 はコメントを受け付けていません。


B型肝炎の給付金の支給を受けるまでには、非常に長い時間を要します。訴訟を起こすというだけでもかなりの負担になってくるのは間違いなく、救済要件を満たして和解調書を作成するということを考えれば、かなりの難易度になってくるでしょう。知識があり、経験がある人から見れば、たいしたことではないと見えるかもしれません。ですが、そういった人のほうがごく少数であり、大半の人は難しい内容となってきます。それが一般的な目線であることは間違いありません。

B型肝炎の給付金に関して言えば、弁護士を活用するのが一番です。金額も大きなものになってくることが多いのもありますが、訴訟ということで非常に難しくなるからです。専門的な知識といっても、法律的な知識から始まり、医療分野まで及びます。専門的におこなっている弁護士であれば、これもスムーズに進めることができるでしょう。リスクを下げるというだけではなく、時間の短縮といった面でも有効な手段となってくるのですから、まずは相談してみることが必要といえます。実際に裁判ともなれば、強い味方になってきますし、自分の代理人として活動してもらうことができるのですから、検討していくべき方法といえるでしょう。

給付までの流れ

2018年6月4日

未分類

給付までの流れ はコメントを受け付けていません。


集団予防接種B型肝炎に感染している人の中でも、満7歳になるまでに集団予防接種を受けたことが感染原因となっている場合、国から給付金の支給を受けることが可能です。時期は、昭和23年7月1から昭和63年1月27日の間であり、この間に集団予防接種を受けていることを証明できなければいけません。ただし、二次感染の場合もあり、母子感染や輸血などといった感染原因であっても、支給を受けられるようになっています。病状などによっても変わりますが、手続きをしていけば、かなり広い範囲で支給されるようになっている制度です。

問題点は、請求をする際に必要になってくる国家賠償請求訴訟にあるでしょう。支給申請だけではなく、国を相手に訴訟を起こさなければいけません。申請をするだけで受け取れるタイプのものとは異なることが、難易度を高めている要件になってしまっています。そのため、個人レベルでは、難しいところもあるでしょう。

病態を証明することが必要になってくるため、医療機関から必要な書類を集めて、証拠としていかなければいけません。資料と訴状を作成して裁判所に提出することになりますが、かなりのハードルと感じる人が多いはずです。その後和解調書を取り交わして社会保険診療報酬支払基金に提出して給付を受けるのがひとつの流れとなっています。

B型肝炎と給付金

2018年6月1日

未分類

B型肝炎と給付金 はコメントを受け付けていません。


大きな社会問題ともなり、知名度はかなりのものになったのがB型肝炎でしょう。感染者の血液や体液を介して感染する特徴を持っています。日本国内を見てみると、肝炎の中でも比較的多いといわれています。母子感染に関しては、対策が講じられるようになったことから、ほぼみられなくなりました。さまざまな経路が確認されていますが、性交渉やピアスをあけるためのピアッサーの使い回し、他にもタトゥーを入れた時などが感染源と考えられています。

お金B型肝炎に感染すると、まずは肝臓に炎症が起こります。これが倦怠感や食欲不振を招き、吐き気をもよおすなどの典型的な症状が現れます、ただし、自覚症状がないまま自然治癒してしまうといったケースもあり、これで抗体ができているという人もいるところも特徴です。安心できるものではなく、ごく稀に肝炎が劇症化して発症することもあり、死に至る場合もあります。感染が疑われるのであれば、速やかに検査したうえで、適切な治療を受けなければいけません。早期発見ができれば、完治できる可能性があるからです。

集団予防接種などが原因の場合、一定の要件を満たした時には、国から給付金が支給される場合があります。申請は簡単ではないため、経路として考えられる時には、まずは弁護士へ相談してみるといいでしょう。さまざまな書類の用意などもありますし、専門的な知識も必要となってくることから、自力では難しい部分を持っているからです。